繰り返し一粒歌ってみた ver96猫
http://www.nicovideo.jp/watch/sm16972841

我很喜歡這首歌的歌詞意境,從之前鳥子翻唱的時候就很喜歡它了。

這首歌唱起來難度真的很高。


鳥子版唱的是初音版本,

96猫唱的則是鈴版本。

 

可能是最近心境導致,我一直回想到這首歌的歌詞:(

 

中文歌詞部分轉自Vocaloid中文歌詞wiki,

日文歌詞轉自初音wiki,羅馬拼音為個人私心加上。

 

都合よく映されてた錯覚
自以為美好的錯覺

意味を失った言葉と自覚
失去意義的話語及自覺

ぽっかり空いたこの穴は二度と

空了的大洞不會再填滿

返してと泣き迷った路頭

不知何去何從只能哭著想討回

もういらないの ここに居られないの

我不要了 待不下去了

取り替えられない壊れた本のページ

無法更換的破損書本頁面

裏も表も綺麗な棘 揺れ動く

無論正面反面都是美麗的荊棘 簌簌搖動


ずっとずっと続けばいいな
要是能一直一直持續就好了

進む先の甘い幻想

步伐前方的甜美幻想

ガラス越しの微かな光

穿透玻璃的淡淡光芒

絡まって溶ける吐息

交織融化的嘆息


深い深い眠りに落ちた
落入了深沉的睡夢中

腕の中で描き続けた

在雙手中持續描繪

これが最初で最後の夢

這是最初也是最後的夢

無くなった私の場所 だって

我失去的安身之地 因為


信じてたんだ本気で 疑うなんて嫌で
發自內心的相信 不想要去懷疑

離れていくような気がしたんだ だけど

感覺這樣的話似乎就會漸行漸遠 但是

初めから全部嘘 近付いてなんかない

自一開始就全是謊言 從來就不曾真正接近

こんなに舞い上がって馬鹿みたい

如此興沖沖的簡直像笨蛋


愛してる そう伝えたのは
我曾愛過你 如此說出的

釣り上げるためのエサですか

是拿來引我上鉤的餌食嗎

玩具箱の中 詰められて

被塞入 玩具箱裡頭

飽きたら捨てられるんですか

要是膩了就會被扔掉嗎


フェイント 表は特別待遇
虛晃一招 表面上是特別待遇

ひっくり返せば 利己主義態度

翻過來一看 是利己主義態度

代わりはいくらでもいたんだって

替代品要多少有多少

気付かれた人形は即退場

被查覺到這點的人偶便馬上退場

戻れないよ 遠ざけたいよ

無法回頭了 想要疏離了

植え付けられた枯れない濁った表紙

被深深植入不會枯萎的混濁封面

定められた負のパスワード 染み渡る

被決定好的負面密碼 逐漸蔓延


芯の傷と赤い涙痕
內心的傷痕及紅色的淚痕

根から咲いた毒の花びら

自根部開方的劇毒花瓣

摘んでみても限りは無くて

即使摘下看看也無窮無盡

浴びた薬副作用 どうして

沐浴在藥物副作用中 為什麼


嘘でいいことだけは願わずに鳴き出した
沒有撒謊要求只要好事而叫了出聲

転がされた姿は本当なの 私

被擺弄的樣子就是事實嗎 我

繰り返しの一粒 消耗品扱い

不斷重複的小小一粒 就像是消耗品般

こんなに踊らされて馬鹿みたい

如此隨之起舞簡直像笨蛋


愛してる そう伝えたのは
我愛你 如此說出的

飼い慣らすためのエサですか

是拿來豢養我的餌食嗎

散々遊んだ その後は

盡興玩過之後

捨てることすら忘れるんですか

就連要扔掉都忘了嗎


そんな軽いフレーズなんだね
如此不在乎的一句話呢

便利な道具だったんだね

好方便的道具呢

どんなに後悔したって

無論再怎麼後悔

もう元には戻らない

都無法回到過去了


愛してる そう伝えたのは
我愛你 如此說出的

釣り上げるためのエサでした

就是拿來引我上鉤的餌食

中身なんかどうでもよくて

內容物根本就無所謂

新しいものが欲しかっただけ

只是想要點新的東西


愛してる そう伝えたのは
我愛你 如此說出的

飼い慣らすためのエサでした

就是拿來豢養我的餌食

あなたにとっては遊びでも

雖然對你來說只是玩玩

私は一生背負い続ける

我卻要一生背負下去


都合よく映されてた錯覚
自以為美好的錯覺

意味を失った言葉と自覚

失去意義的話語及自覺

ぽっかり空いたこの穴は二度と

空了的大洞不會再填滿

返してと泣き迷った路頭

不知何去何從只能哭著想討回

焼き付くフィルム 暴れるヴァイラス

烙下的影像 作亂的病毒

温かい温度がすぐ怖くなるんだ

暖暖的溫度也會馬上變得恐怖

曇った色間違い探し もう嫌だ

模糊的找出錯誤色 已經夠了


フェイント 表は特別待遇
虛晃一招 表面上是特別待遇

ひっくり返せば 利己主義態度

翻過來一看 是利己主義態度

代わりはいくらでもいたんだって

替代品要多少有多少

気付かれた人形は即退場

被查覺到這點的人偶便馬上退場

冷たいまま回らなくなった

就這樣冰冷的不再啟動

焦がれ狂い狂った真っ直ぐな曲線

渴望又瘋狂的筆直曲線

まだ打つ波の扉開けて さようなら

打開仍在拍打的波浪之門 再見了

 

夏菲 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()